本人気付いてないけど言うことコロコロ変わる人

本人は忙しすぎてなのか、私のことを適当な扱いしかしていないだけなのか、話しているときに思ってることがコロコロかわります。

たとえば、一週間前に会ったときには子どもが習い事ばかりで時間をとられていて体を全く休める時間がないから少しは休みがほしいというようなことを愚痴っていたかと思えば、次に会ったときには、真剣に習い事を上達するためには休みなんていらないくらいだと言ってるんです。
どこかで影響力のある誰かにそういうことを吹き込まれたかなにかで考え方が変わったのかもしれないけど、まるで自分はずっと前からそういうかんがえだったんだといわんばかりの言い方で言ってくるのでこっちは話を合わせていてもなんとなく気持ちが悪いです。
私なんかがそのことについて言った言葉なんて一ミリも覚えていないんだろうなぁと思うとその時間その人と話すことがとても無駄に思えてさえきました。
自覚がないのにそんなことするっていいですよね。キレイモ 自己処理

本人気付いてないけど言うことコロコロ変わる人