図書館に、自動販売機の貸出機がほしいです

東京の大学に出かけるのも、昭和のころは、とても遠いと感じていましたが、東京ではない近郊の町でも、そう遠い感じが薄れています。駅前であれば、一気に電車に乗って、人っとびという気持ちになるのです。だいぶ前であるにもかかわらず、自分が今の大学生だったらどんなにかいいものかと思ってしまいます。そのくらい、近郊の町も便利なのです。それを忘れてはいないでしょうか。少しだけ、軽前に、みんなが使えるもの、例えば、図書館など、誘致してほしいです。カフェの併設したものなど、人の集まるところです。インタ0-ネットの時代になっても、本はすべての人が好きなものですよね。時間をつぶすというか、できたら、深夜も営業してほしいです。物騒なのが問題ですが、自動的に自動販売機のような機械で、10冊ぐらいの本の中から選んで、図書館のカードで借りられるといいですね。長い電車でも退屈しないで、ゆっくりと過ごしたいからです。自動販売機図書館、いいです。ミュゼ 予約変更 会員

図書館に、自動販売機の貸出機がほしいです